佐藤雅晴さん遺作「福島尾行」 震災後の“世界”映す

取手市に在住し、昨年3月に45歳で永眠した現代美術作家、佐藤雅晴さんの遺作「福島尾行」が、「DOMANI・明日展」(東京・国立新美術館)で公開されている。
【広告】「本番」が一番の上達への近道!➡南柏ダンススクール
【広告】パーティー、イベント、ライブ最適空間➡レンタルスペース

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA